30代の保育士転職 面接のポイントとは?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

30代の保育士転職 面接のポイントとは?

保育士の面接

 

30代の保育士が転職する際の面接のポイントとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

20代とは違う部分を見られますので、面接などの際はポイントを押さえて受けるようにしましょう。

①余裕を持った対応をする

20代では面接時に緊張をしてもリフレッシュさがあり、言葉に詰まったり、ぎこちない表情でも目をつぶってくれる部分がありま すが、30代でこういった態度をとってしまいますとマイナスの印象が強いです。

 

どのような場合にも余裕を持って対応することが大切になってきます。

 

余裕を持ってというのは難しい人もいると思いますが、余裕を持っている雰囲気を出せれば良いのです。

 

ポイントとしては話し方です。

 

人は緊張すると声が小さくなったり、言葉が詰まったりします。そうなってしまいますと自信の無い印象を持たれやすいです。

 

そうならない為のポイントとしては、ゆっくりとハッキリと話すことです。特にゆっくりと話すことは大切です。

 

要は相手にどれだけ的確に伝えるかが大切になってきますので、早い言葉で話すよりも短い言葉でハッキリと話す方が相手に伝わります。

 

また、社会人としてこういった話し方は相手によい印象をもたらしますのでおすすめです。

②自然な笑顔

保育士は子供を相手にしますので、できるだけにこやかに笑顔で対応するようにしましょう。

 

緊張しているからといって、それを顔に出してしまいますと固い顔になってしまって、相手からしてみれば怒っているような印象を持たしてしまう可能性もあります。

 

できるだけ自然な笑顔で対応するようにしましょう。

③アピールポイントを用意しておく

30代での転職であれば面接を行う側は20代の方とは違う期待をします。

 

30代ではある程度の経験を持っているので即戦力はもちろんですが、何をしてくれるのかということが期待するポイントになってきます。

 

その為、自分のアピールポイントを用意しておきましょう。

 

一番わかりやすいのは経験です。

 

以前の職場でこういった取り組みをしており、その結果こうなった。その経験を貴施設でこういった形で生かしていきたいと思います。

 

などといったように具体的で相手が雇いたいと思うようなこと を伝えるようにしましょう。

 

例えば夏祭りのとりまとめ役をしていた、親との懇談会の司会進行をしていた、部下の保育士の教育係をしていたなどの経験はアピールポイントになりますので、積極的に伝えるようにしましょう。

 

また、資格などもアピールポイントの一つになります。保育士に関わる資格を取得していればその資格にまつわる技術や知識がある目安になるのはもちろんですが、ただ働くだけではなく積極的に勉強をしているということにも繋がりますので資格等を持って
いればアピールするようにしましょう。

 

④電話対応から面接は始まっている

面接の応募の時には電話をかけることがほとんどですので、しっかりと丁寧に話すようにしましょう。面接は電話をかけることから始まっています。

 

30代の保育士は20代と比べて経験や社会的な常識を持っていて当たり前だと思われる部分がありますので、そういった部分はしっかりと相手に伝えるようにして面接に挑みましょう。

 

本屋などで面接の手引きなどを販売していることもありますので、社会的な常識は一度そういった本で確認しておいても良いですね。

 

30代の面接のポイントは転職サービスのアドバイザーにも相談してみよう

保育士転職サイトに登録すれば、専任のアドバイザーがその人に合った面接の方法を教えてくれます。

 

30代ならではの面接のポイントを経験豊富な保育士転職のプロから直接学ぶことができるので、ぜひ利用してみてください。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

人気の保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

30代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧