30代の保育士転職 履歴書の書き方やポイント

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

30代の保育士転職 履歴書の書き方やポイント

30代保育士の履歴書

 

保育士に限った話ではありませんが、30代になると20代の頃に比べて転職するのは難しくなると言えます。

 

30代ならではの転職のポイントや履歴書の書き方などを把握して、上手な転職を目指しましょう。

履歴書ではその人の人間性が表れると言われています。履歴書が全てではありませんが、重要な選考要素になりますので、しっかりとポイントを押さえておきましょう。

 

① 字は丁寧に書く

最近はパソコンで履歴書を作成する人もいますが、それは絶対にやめておきましょう。文字から人間性がうかがえますし、何より手抜きに思う人もいるからです。

 

文字を書く際に注意したい事としては、文字を綺麗に書こうとしても急に綺麗になるようにするのは無理だと思いますので、できるだけ丁寧に書くようにしましょう。

 

丁寧な文字は相手に伝わります。誤字脱字はもちろんですが、丁寧に時間を書けて作成する履歴書は好印象です。

 

30代ですので、社会人としては経験も積んできていると思われていますので、適当に履歴書を書くと採用されないことが多いです。

 

② 志望理由の書き方

ほとんどの履歴書には応募の理由を書く欄があります。なぜその保育園(就職先)を選んだのかしっかりと明確に書きましょう。

 

20代であれば経験を積みたいなどのことが書けますが、30代の場合は経験は既に積んできていますので、そういった理由はあまりおすすめできません。

 

今まで積んできた経験や知識を生かしたいといった理由の方が相手を納得させることができます。

 

おすすめとしては、私は今まで○○の経験・勉強をしてきました。貴施設では○○の取り組みをしていますので私の経験と知識が生かせると思い応募しました。などといった応募理由の方が採用されやすい傾向にあります。

 

③ 退職理由の書き方

よくあるパターンとしては、私事都合という書き方がありますがこれはおすすめできません。この文字から様々なことが想像できるからです。

 

また、想像できることはマイナスのことが多いです。そのため、退職理由はハッキリと書いておきましょう。

 

注意したいこととしては、上司と折り合いが合わなかった、給料が安いなどの前の職場を批判することは書かないことです。前の職場でそうであるならば、もし転職しても同じような理由で辞めてしまうのではと採用者は思うことが多いです。

 

ただし、明らかに職場側に問題がある場合は書いても良いです(給与の未払いがあった、法定休日を下回っていたなど)

 

④ 顔写真について

履歴書には顔写真を貼りますが、保育士ですので子供受けが良い明るい印象を持つ顔写真にしましょう。

 

採用する側からしてみれば同じ経歴の人が2人応募したら、明るい印象の人を面接したいと判断することが多いですので、できるだけ明るい印象にすることが大切になってきます。

 

女性であれば証明写真を撮るときには明るめのファンデーションを塗って全体の印象を明るく、チークや口紅で血色を良く見えるようにしましょう。

 

また、歯は見せずに口角を上げてにこやかな印象を作ることも大切になってきます。

 

 

30代前半であれば良いですが、30代後半の転職は一般的には最後のチャンスだと言われています。

 

20代であればやる気などがあれば多少目をつぶってくれることもありますが、30代では社会的な常識や、保育士としての知識を見られますので細かい部分も手を抜かず注意して履歴書を作成しましょう。

 

履歴書の書き方を転職サイトのアドバイザーに相談してみよう

保育士転職サイトに登録すれば、専任のアドバイザーがその人に合った履歴書の書き方を教えてくれます。

 

30代ならではの履歴書作成のポイントを経験豊富な保育士転職のプロから直接学ぶことができるので、ぜひ利用してみてください。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

人気の保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

30代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧