20代の保育士転職について 傾向や注意点を解説

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

20代の保育士転職について 傾向や注意点を解説

20代保育士

 

20代で保育士転職を考えている場合どのようなことに注意すべきでしょうか。

別の業種から保育士へ転身したい場合

まず、違う職種で働いていて保育士への転職を考えている場合は、なぜ保育士になろうとしているのかが非常に重要になります。

 

保育士は非常にやりがいのある仕事です。しかし、ただ単に子供が好きというだけでは務まらない大変な仕事です。

 

自分のいう事をきいてくれない子供がたくさんいてイライラする事もあります。

 

複数の子供を同時に相手しなければならない場面もあるし、外で一緒に走り回ったり泥だらけになる事もあります。

 

また、人を相手にしている仕事なので時間の調整が上手にできないことも多々あります。さらに給料や福利厚生も十分に考慮する必要があります。

 

そういった大変さをちゃんと考慮したうえで転職を考えなくてはなりません。

 

この部分をきちんと考慮したうえで保育士を目指す場合は、自己分析を行い将来のビジョンも交えた志望動機や転職理由を十分に考えておく必要があります。

 

20代はまだまだ若く体力もあるので、保育士資格とコミュニケーション力、未経験でもやる気や意欲、子供に対する熱意があれば未経験が大きなネックにはなりません。
しかし、合わないと思って足掛けで辞めてしまったり、結婚や出産などの転機ですぐに退職してしまうことを採用側は恐れます。

 

また、年下の先輩ができる場合がほとんどなのでその施設にうまくなじめるか、環境への適応力やコミュニケーションン力は採用時に重視されがちです。

保育士経験者が別の職場で働きたい場合

では、20代の保育士転職で保育士経験者に必要なことは何でしょうか。

 

それは転職先の保育施設のどういったところに自分が合っているかと正社員の場合は長く働き続けたいということをアピールすることです。

 

保育士は非常に離職率が高く、先生の入れ替わりも激しい業界です。

 

採用側も雇用期限がある採用でない限り、なるべく長く働いてほしいと思って採用活動を行います。
採用活動にも費用がかかっており採用側も非常に思いを込めています。その為、保育士として経験があった場合、なぜ前の園を辞めたのか、その退職理由がまた起こりうるのではないか、そういった事は非常に重要視されます。

 

また、20代というのは結婚、出産など人生の転機が多くおこり本人を取り巻く環境が大きく異なります。

 

状況によってしょうがない場合もありますが、希望として長く働き続けたい、復職したいなどのビジョンを持っている事が必要でしょう。

 

また、そういった点では、産休育休などの整備や福利厚生も注意しておく必要があります。

 

産休育休が法律で制度化されているとはいえ、保育業界ではまだまだ取得率が少ない現状があります。

 

そういった制度が整備されていない施設だと、長く続けたいと思ってもいずれ退職をしなくてはなりません。

 

就労環境を整えるため、長く続けるため、人間関係を改善するためなど転職の理由は人それぞれですが、20代の転職時には必ず長く続けてもらえるかという点が考慮されるので将来的なビジョンも併せて考えておく必要があります。

 

保育士転職サイト比較

 

 

20代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧