20代の保育士転職 面接のポイント

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

20代の保育士転職 面接のポイント

20代保育士の面接

 

20代の転職者のアピールポイント

20代後半の女性が転職を考える際に結婚や出産など考慮すべき点が多くあるのと同様に、採用する側、つまり雇用先にとってもこの応募者は結婚や出産で長く働けないのではないか、すぐ辞めてしまうのではないか、融通が利かないのではないか、と不安要素があります。

 

実際の面接でも高い確率で結婚のことや将来のビジョンについて聞かれるでしょう。そのため転職者と新卒者を比べた際に、転職者は不利になりがちです。

 

しかし保育士転職において、新卒の保育士希望者との差は「経験値」です。

 

新卒の保育士希望者に、若さやフレッシュさでは勝てません。一度社会に出ている転職者ならではの経験値を十分にアピールする必要があります。

 

保育士は、知識はもちろん経験が生きる職種です。なぜ、前の仕事を辞めてここを選んだのか、これまでの経験がどう活かせるか、こういった事は面接でも聞かれやすい項目のひとつです。

 

保育士として働いていて別の職場を選択する場合には、保育士として働いてきた経験を新しい職場ではどのように活かすかをアピールしましょう。

 

また、別の職種で働いていた場合にはその職種で身に付けたスキルをいかに保育の現場に活かせるかアピールをしてみてください。

 

例えば、飲食店で働いていたのであれば食品の知識が活かせるし、フルタイムのOLをしていたのであれば親の立場を理解し保護者とも円滑な関係を築くことができます。

 

このようにこれまでの経験が、保育の現場ではどう活かせるかを自分なりにまとめておく必要があります。

 

20代の保育士転職者は面接で志望動機を聞かれたときに何をアピールすべき?

他にも面接で必ず聞かれる項目は、志望動機です。

 

保育士になりたい理由、保育士として働き続けたい理由、この施設で働きたい理由はきちんとまとめておく必要があります。

 

保育士転職において重要な要素は「子どもが好きであるかどうか」です。

 

しかし、ただ単に子供が好きというアピールをするのではなく、子供と関わった経験を織り交ぜいかに自分がこの仕事に向いているかどうかをアピールする必要があります。

 

保育士の経験がない人にとっても20代であれば、周囲が出産をしている場合も多く何らかの形で子供と接したことがある場合が多いでしょう。

 

例えば、「親戚の子供をたまに預かっており子供が大好きであるのと同時に子供を預かることも責任の大きさを感じている。前職で身に付けた食品の知識経験を生かし安全安心に子供を預かり働く女性の力になりたい。」など短い文章の中でもいろいろなアピールを盛り込む必要があります。

 

面接時の態度については、新卒者のようなフレッシュさを全面に出すのではなく社会人経験がある転職者ならではの落ち着きとビジネスマナーをアピールしましょう。

 

新卒者であれば、今後の教育での伸びしろも考慮して採用されますが、転職者は即戦力としても考えられています。

 

20代でまだ若いとはいえ体力についてもアピールをする必要があります。

 

まだ20代と思うのではなく、短大卒の20歳と比較されていることを十分に認識をしておく必要があります。

 

面接のポイントは転職サービスのアドバイザーにも相談してみよう

無料で利用できる保育士転職サイトに登録すれば、専任のアドバイザーがその人に合った面接の方法を教えてくれます。

 

評価の高い転職サイトだけ厳選しているので、ぜひ利用してみてください。

 

人気の無料転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

20代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧