20代の保育士転職 履歴書の書き方・ポイント

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

20代の保育士転職 履歴書の書き方・ポイント

20代保育士の履歴書の書き方

 

会いたいと思わせる履歴書の書き方

保育士転職時に、雇用側は履歴書と少ない時間の面接のみで誰を採用するのか決めなくてはいけません。

 

その為、転職活動において履歴書は非常に重要な役割を果たします。

 

雇用先が応募者の情報を一番最初に得るのは、履歴書です。履歴書を手に取ってもらい「この人に会いたい」と思わせる必要があります。

 

メールやパソコン、携帯の文化が浸透した20代にとって履歴書もワードなどのソフトを使って書けばいいのではないか、そう思う人もいるかもしれません。

 

しかし、手書きの文字というのは気持ちや意欲が伝わる重要なもので、特に指定がない場合は手書きの履歴書を用意するべきです。

 

手書きで履歴書を書いた方が、字の丁寧さなどから応募者の意欲が伝わると考える採用担当者もいるからです。

 

字が汚いから、など考えてしまう場合もありますが、雇用側が感じるのはきれい、汚いではなく、丁寧に書いているか、雑に書いているかの違いだけです。

 

気持ちを込めて丁寧に書きましょう。特に20代で経験値が低い人にとっては丁寧な印象を与えることは非常に重要です。採用という重要な場面でも雑な対応をしていると実際も雑であるという印象を与えかねません。

 

また、内容をコピー&ペーストをするのは論外として、他人の履歴書を参考にした場合でも必ず自分の言葉を入れて書くようにしましょう。

 

採用担当者は、採用の経験がある人である場合が多く同じような内容をよく目にしています。その中でありきたりなことばかり書いていても手をとめてくれるわけがあり

ません。

 

保育士の履歴書の書き方はこちらも参考に

 

他にもマナーとして空欄を残さないようにすることや、修正テープや二重線での修正は使わずに失敗したら書き直すべきだということを覚えておきましょう。

 

履歴書で評価される保育士独特のポイント

保育士転職で、履歴書が手書きである場合が多い理由は他にもあります。それは連絡帳の存在です。

 

保育所に子供を預ける親たちは忙しい人が多いです。そんな忙しい親との大事なコミュニケーションになるのが連絡帳で、これは日々記入をする必要があります。

 

もちろん定型文などがあるわけではなく、自分の言葉で時間を見つけて記入しなくてはなりません。

 

20代であれば自分より年上の保護者とコミュニケーションをとる場面も増えてきます。

 

保護者に安心して預けられる先生だというような良い印象を与える連絡帳や適切な言葉が使えるかどうか、こういった作業の適性を見極めるためでも手書きという点が重視されます。

 

子供はすぐ大人の言葉づかいを真似します。また小学校入学が近づいた子供たちは字に興味を持ち始めます。

 

こういった子供達に正しい知識を教えられるように保育施設では言葉は重要視されます。

 

丁寧な文字が書けるかどうか、正しい言葉づかいで書けるかどうかは履歴書でアピールできるポイントとなります。

 

最後に重要なのは写真です。1枚の写真があなたの第一印象となります。

 

今では就職活動専門の写真館まで存在し、いかに重要かどうかがわかります。お金はかけなくても構わないですが、清潔で明るい印象の写真になるよう注意しましょう。

 

履歴書が完成したら必ず読み直しをしてください。

 

問題なくても提出前にコピーをとっておく方が良いでしょう。この履歴書が面接の内容にもつながっていくので直前で読み直す必要があるからです。

 

履歴書の書き方は転職サービスのアドバイザーにも相談してみよう


保育士転職サイトに登録すれば、アドバイザーが各個人にあった履歴書の書き方をアドバイスして、添削もしてくれます。

 

プロのアドバイスを無料で受けることができるので、ぜひ利用してみましょう。

 

登録から利用まで全て無料です

 

人気の保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

20代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧