20代での保育士転職・求人探しで考えるべきこと

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

20代での保育士転職・求人探しで考えるべきこと

20代の保育士転職

 

20代を取り巻く環境

20代というのは、環境の変化が起こりやすい世代です。

 

市町村によってばらつきはありますが、最近の全国での統計では女性の平均初婚年齢は28歳前後で、出産もそれぐらいの時期が多くなります。

 

結婚や出産は女性にとって人生の大きな転機となり、本人の気持ちはもちろん取り巻く環境も大きく変わることになります。それと同時に働き方に関する考え方も一度見直す必要があります。

 

例えば、結婚や出産を機に仕事を辞め専業主婦になるという選択肢もあります。

 

自分の為に働き続ける選択、家計の為に働き続ける選択などいろいろな選択をしなくてはなりません。

 

また、自分の意思とは異なる決断をしなくてはいけない場合もあるでしょう。旦那さんや家族とも十分に話し合いを行い、意向を確認する必要があります。

 

例えば、まったく働いてほしくない人もいるかもしれないし、家計を支えるために働かなくてはいけない場合もあるでしょう。

 

働くのであれば、どの程度働けるのか、働く必要があるのかを確認する必要があります。

 

20代の保育士転職

保育士への転職を検討している場合は、雇用体系によって働き方が異なってきます。

 

保育士は子供の命を預かる仕事です。人の世話をする仕事であるのでイレギュラーも多く発生します。

 

残業や持ち帰り仕事、シフト勤務など、そういった事に対してどこまで対応できるのかをきちんと考えておく必要があります。

 

給与や福利厚生はもちろんこういった事も考慮して仕事を探す必要があります。

 

他にも保育士転職で注意したいのが、いつまで働けるかということです。

 

例えば、子供ができたら辞めたい、旦那さんが転勤族なので引っ越すまで、結婚したら一度辞めて将来的には復職したい、などいろいろな願望があるでしょう。

 

もちろん実際その場面になった時には考え方が変わってしまったりする場合もあります。

 

最終予定が決まっている転職であれば、転職時にそれも踏まえて有期雇用を選択すれば問題ありません。

 

しかし、転職を考えている状態で結婚や出産の予定がなければどうなるかわからない未来に対し、自分の思い描く未来を実現できる選択肢を残しておく必要があります。

 

結婚を機にやめるのであれば未来の待遇より今の待遇を重視できるし、結婚、出産をしても働き続けたいという思いがあるのであれば、産休や育休の実績がある施設を転職先に選ぶ必要があります。

 

また、いずれ復職をするつもりなのであれば復職時に有利な知識やキャリアを積んでおく必要があります。

 

保育士は体力が必要な仕事です。長く現場で働く為にはどうすべきかをきちんと考えておきましょう。

 

このように20代は多くの人生の転機が存在し、そういった転機も考慮して転職先を選ぶ必要があります。

 

特に保育士は人に関わる専門職です。また、多くの職種と比べた際に低賃金であるとも言われがちな職種です。

 

しかし子供と接するやりがいのある仕事です。このような保育士という職種の特性も十分考慮して保育士転職について考える必要があります。

 

保育士転職サイト比較

 

 

20代の保育士転職

この記事に関連する記事一覧