保育士転職体験談・年収300万円から340万円になった23歳女性保育士

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士転職体験談・年収300万円から340万円になった23歳女性

 

【転職者のプロフィール】

性別: 女性
年齢: 23歳
転職前の保育園と転職後の保育園について: 私立保育園から公立保育園
転職前と転職後の雇用形態: 正社員から正社員
転職前の年収と転職後の年収: 300万から340万

 

■ 転職しようと思った理由・きっかけは何ですか?

私が転職しようと思ったきっかけは、短大時代の友達と遊んだ時に、公立の保育園に就職した子の話を聞いたからです。

 

もともと公立保育園で働きたくて、学生時代はずっと地元の公立保育園の募集を待っていました。しかし、その年に限って地元の公立は募集がなく、しぶしぶ地元の私立に就職しました。

 

私の働いていた職場は、保育に関してはとても質の高いものを求められるところで、学校で習ったこと以上のことを先輩達から沢山勉強させてもらっていました。

 

しかし、その分保育の準備をしたり、準備が無くても上司がいつまでも残業しているので帰ることができず、毎日帰宅は夜中でした。
しかし、残業代はつかずに月々のお給料は少なく、ボーナスだけが楽しみでした。

 

それに比べ、公立の友達は毎日定時で帰っていて、趣味や習い事をして楽しんでいました。同時にいつも恋愛をしていて、とても輝いて見えました。

 

お給料も、きちんと残業した分つくし、ボーナスは私よりも貰っていました。

 

なんだか、毎日ボロボロになって働いている自分が馬鹿みたいに思えて仕方ありませんでした。私も、今のうちにきちんとした公立に転職しようと決めました。

 

■ どのような転職活動をしましたか?

公立に転職するためには、まず試験に合格しなければいけません。運良く、その年は正職員の募集があったので、必死に学生の頃の参考書を引っ張り出してきて勉強しました。

 

ただでさえ帰りが遅くなってしまうので、次の日も仕事の平日は諦めて、土日に集中的に勉強をしました。

 

また、常に勉強道具は持ち歩くようにして、保育の準備がなくて保育園に残っている時など、自分のクラスにこもって勉強するようにして、時間を見つけていつでも勉強できるように工夫しました。

 

しかし、いつもの保育の物だけでも荷物が多いのに勉強道具も持ち歩いたので、すごい量の荷物を持ち歩くようになってしまいました。働きながら勉強するのは、とても大変なことでした。

 

■ 志望動機や自己PR・面接でのやりとりを教えてください

無事一次試験を突破すると次は面接です。面接では、まず志望動機を聞かれました。

 

自分は地元が大好きで、将来結婚しても保育士を続けたい気持ちを話しました。もちろん今働いている私立のことを聞かれましたが、今の職場ではずっと続けることは不可能だということを正直に話しました。

 

実際、先輩達も結婚すると辞めていってしまうので、産休などの制度もきちんと整えられていない園でした。

 

また、私立で得た質の高い保育を武器に、試験官に猛アピールしました。今までやった保育の経験を話し、公立に入れたらどんな保育をしたいかを伝えました。

 

私の熱意が通じたようで、見事合格する事ができました。晴れて公立保育園の正職員となる事ができました。

 

あの時転職したおかげで、結婚した今でも続けることができています。

 

 

年収UPに成功した保育士の転職体験談

この記事に関連する記事一覧