保育士が残業の少ない職場を探すための方法

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士が残業の少ない職場を探すための方法

保育士の残業

 

最近は保育士の労働体系や待遇についての問題がメディア等で話題になる事が多くなっています。残業代がつかなかったり、持ち帰り仕事の量、賃金の安さがそれです。

 

人の命を預かる仕事なのである程度柔軟に対応しなくてはいけない点ももちろんあるかと思いますが、なるべくであれば負担なく働きたいと思うはずです。

 

実際、待遇面での規定や環境が整っていない施設もありますが、整った環境の施設も少なくありません。残業を少なく働ける職探しのポイントについて解説します。

 

派遣保育士も検討してみよう

 

まずどうしても保育士で働きたいが残業はしたくない場合には派遣保育士という働き方があります。派遣は一般的に時給制なので、残業もほとんどなく比較的時間の調整ができやすい職業です。朝だけ、夜だけ、週3日などそういう働き方を求めている人には派遣は最適です。

 

ただし、労働条件等に制限があり正社員とは異なるのできちんと確認しておく必要があります。

 

保育園ごとの特徴を把握

 

正規職員として働きたい場合はその園の特徴を見分ける必要があります。1番重要なのは保育士の量です。

 

一般的な保育施設は朝8時ごろから夜19時ごろまでやっているところが多いです。子供の人数に対して保育士が十分足りていれば人手不足にならず、突発的なことがない限り残業は少ないでしょう。しかし人が足りていなければ仕事量が多く時間外にも作業をする必要があります。

 

人材不足かどうかを確認する方法は直接聞けるなら聞くことが1番でしょうが、1つは求人の数です。何度も繰り返し求人が出ている場合は慢性的に人手不足となっている場合が多いです。また、判断のポイントとしてシフトがどのような感じで組まれているかもポイントです。2交代、3交代、4交代など営業時間によってシフトパターンが組まれていることがほとんどです。

 

例えば、延長保育が非常に多い施設なのに夜には人がすくない施設だと夜に勤務している人は残業が増えてしまう傾向にあります。その施設の特性に合ったシフトパターンが組まれているかどうかも判断のポイントです。

 

また労働時間については、入職を決める前に求人斡旋会社にカウンセラーや担当者とともに再度調整をするようにしてください。入ってしまってからでは希望が通らない場合がほとんどです。どういう体系で働きたいかを再度調整する必要があります。

 

保育士転職サイトを利用して実際の残業時間をチェック

保育士転職サイトのサービスを利用すれば、担当者が職場の状況を把握しているので、どれくらい残業があるのかが事前に分かります。

 

転職後のミスマッチをなくすためにもぜひ利用してみましょう。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

人気の保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士 求人の上手な探し方

この記事に関連する記事一覧