復職を目指す保育士のための求人探し

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

復職を目指す保育士のための求人探し

保育士の復職

 

以前保育士として働いていて一度退職した場合でも、復職をめざして転職活動をする方も多くいます。

 

保育士不足が騒がれている昨今、保育士経験者や子育て経験者は実際の現場で即戦力となりうるため、とても重宝されます。

 

また国の方針で潜在保育士の支援に力を入れているため、いろいろな取り組みが行われています。

 

しかし現状は待機児童も多く、有能な保育士を求める一方で、保育所不足で受け入れ出来る保育士の数が限られているため、就職先を探すのに困難が生じる場合もあります。

 

保育士は国家資格で非常に有能な資格であるのにもかかわらず、売り手市場ではなく買い手市場となっているので、よく調べてから復職を目指す必要があります。

 

保育士の復職支援セミナーに参加

 

まず有効なのが国の支援でいろいろな取り組みがされていますが、保育の現場から離れた人に対する復職支援セミナーは各地で行われています。

 

これは国が行っているものももちろんありますが、人材斡旋会社や各種団体が行っている場合もあります。どのセミナーでも復職に必要なことを丁寧に説明してくれるので貴重な時間を過ごせます。また復職希望者と情報交換もできるというメリットもあります。

 

保育士の転職サイトに登録

 

実際に転職先を探す活動としては、求人サイトに登録していきましょう。無料で利用できるサービスがほとんどです。

 

求人サイトは保育士専用の求人サイトの方が情報量も多く、求人数も多いです。保育士専用の求人サイトとしては、求人案件の登録数の高いメジャーなところから調べてみるべきでしょう。

 

また保育士求人サイトには復職者の求人に力を入れている所もあります。

 

こういったサービスはまだまだ全国展開できていないものもありますが、専門知識と経験を既にもった保育士希望者を対象としているので、時間帯などこだわりの条件を持っている保育士も、いろんな条件を基に求人情報を探すことができます。

 

また面接相談やブランク期間の埋め方など、より細かな相談ができるのもこういった求人サイトの大きな特徴です。

 

ハローワークや地方の保育士支援センターではできない充実したサポート体制があるのでぜひ利用してみましょう。

 

転職サービスのカウンセラーを活用しよう

 

保育士求人サイトを選ぶ際には、復職に強いサイトを選ぶか専任のカウンセラーがつくサービスを選びましょう。復職期間が長ければ長いほど、保育環境が変わっている可能性も多くあります。

 

例えば、資格名が変更になっているため書き換えの手続きをしなければ保育士になれないといった旧タイプの資格保有者も多くいるでしょう。そういったものに対応するためにもプロのアドバイスが必須です。

 

また、保育士専門のサイトであればあるほど、サービスは充実しており復職に際して研修等を行ってくれる場合もあります。サイトごとにサービスの特徴は異なってくるので、違いをよく理解して活動していきましょう。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

おすすめの保育士転職サービスはこちら

 

保育士のブランクは決して大きな問題ではありません。ブランク期間がある人も潜在保育士として必要とされている時代なのです。そういった特徴を生かし、復職活動を行ってください。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士 求人の上手な探し方

この記事に関連する記事一覧