保育士が人間関係のよい職場を探すために必要なことは?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士が人間関係のよい職場を探すために必要なことは?

保育士の人間関係

 

保育士が人間関係がよく働きやすい職場を探す為には休職段階でチェックすべきことが何点かあります。

 

人間関係の良い職場で働きたいなら、求人に応募する際や面接時など先方とコンタクトをとる機会に職場の雰囲気を聞いてみましょう。

 

どうしても聞きにくい場合は、保育士転職サイトに登録するとその担当者が職場の雰囲気まで教えてくれることがあります。

 

保育士の転職先でチェックすべきポイントとは?

 

チェックするポイントとしては、長く働いている職員がどの程度いるかです。定年まで働き続けたい、共働きで働き続けたいと考えている人にとっては転職を繰り返すよりも1つの場所で長く続ける方が良いし、長く続けている人が多い職場は働きやすい職場であるといえるでしょう。

 

保育士の仕事はまだまだ女性も多く、女性には出産など働けなくなる人生の転機があります。それでも働き続けている人が多い職場はそういった福利厚生も整っているといえるでしょう。

 

またそういった女性の転機で退職したとしても仮に4年生大学の新卒で働いたとして、平均出産年齢は27歳なので4,5年は働いている計算になります。それより短いタイミングで退職、転職をする人が多い職場は注意をする必要があります。

 

他にも、平均年齢や平均勤続年数を確認する方法もあります。明らかに若い保育士ばかりの保育施設は、職員の入れ替わりが非常に激しいということになります。同じ世代の保育士からすれば働きやすいと思えるかもしれませんが、長く続かない保育所には人間関係や待遇など何らかの理由が必ずあります。

 

転職先の求人数にも注意しよう

 

人間関係の良い保育施設を探す際のポイントとして、求人数も重要です。保育施設の規模にもよりますが、子供の数に対して保育士の数は基準が設けられています。

 

昨今の保育士不足の中で大体が基準通り、もしくは基準より少し少ない程度の人数を1人で担当しており、保育士が多すぎる施設はどこもありません。

 

それなのに、毎年毎年複数名の求人が出ている人は、退職者が多く入れ替わりが非常に多い職場であるといえるでしょう。特に、経験者ではなく新卒に対する求人が規模の割に毎年複数名出ているところは要注意です。

 

職場見学で保育士の人間関係をチェック

 

さらに、職場見学が可能であれば職場見学にもお邪魔しましょう。保育士は子供を見るだけではなく、子供の保護者とも良好な関係を築く必要があります。保育施設に出向いた際に、外部の人に対するマナーもしっかりしている施設は子供、保護者とも関係が良好で保育士同士の人間関係も良好である場合が多いです。

 

また、職員同士や保育風景も観察しましょう。例えば、すれ違う際に会釈をしてくれるとか、仕事中であれば職員同士が対等な立場で話をしている、休憩中であれば和気あいあいと話をしているなどです。

 

また、面接官もその施設の人である場合はほとんどでしょう。今後一緒に働く人ですから、その態度もよく確認しておく必要があります。その人は自分の上司にあたる場合が多いので、今後その面接官と働きたいか、ということも重要なポイントです。

 

これらの点が問題がない場合は、人間関係が悪すぎることはないでしょう。

 

転職サイトを利用して事前に職場の雰囲気をつかもう

保育士転職サイトのサービスを利用すれば、本当なら転職してみないと分からない職場の雰囲気や人間関係といった細かい情報まで、担当者ができる限り事前に教えてくれます。

 

転職後のミスマッチをなくすためにもぜひ利用してみましょう。

 

登録から利用まで全て無料です。

 

人気の保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士 求人の上手な探し方

この記事に関連する記事一覧