保育士が給料アップするための転職のコツ

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士が給料アップするための転職のコツ

保育士の給料アップ

 

今、保育士不足が社会問題になっています。保育士の賃金の低さや定着率の低さもその要因のひとつで、国として賃金アップに向けた補助金の導入など多くの取り組みをしているまさに最中となっています。

 

今の職場で働きつづけることでも給料は上がっていくかもしれませんが、現在の保育施設の母体の経営体制によってはそれも難しい場合があります。

 

保育士の給料UPの近道は転職

 

そうした場合は給料アップの為に転職することが賢い選択の一つになります。転職を考えた場合、いろいろな方法で求人を探すことができます。

 

保育士不足の現状の中で有能な保育士を取り合う傾向にある為、給与や就業環境が非常に良い求人も多く見受けられるようになってきました。

 

狭き門かもしれませんが、そういう良い求人を見つけることも転職活動には必須項目といえます。

 

転職にハローワークを利用するデメリットとは?

 

転職といえば、一般的であるのがハローワークでしょう。これは国が管理している施設で、多くの求人検索や求人に向けてのスキルアップ講座等人間力を上げるための取り組みなど、就業支援を行っています。実際にハローワーク内でも保育士求人は多く取り上げられており、求人を見つけ応募することができるでしょう。

 

しかし、ハローワークは国の施設なので採用に関するコストは非常に低く採用斡旋をする他企業との競争もそんなにありません。その為、求人内容の程度が低い場合が多いです。

 

より良い求人を探したければ、採用斡旋を事業主体としている企業に相談し斡旋してもらう方がベターでしょう。

 

無料の保育士転職サービスを利用してみよう

 

斡旋企業の場合はインターネットで検索するだけのサービスと思われがちですが、ひとりひとりにカウンセラーが付くサービスを取り扱う会社もあります。

 

担当カウンセラーが親身になって相談してくれるほか、給料アップにむけた 交渉も私達と使用者の間に入ってやってくれます。採用側は給与が少ないほうが経営には有利なので給料は低くしたいという思いが少なからずあります。

 

給与交渉をしても給与に反映される確率は必ずしも高いとは言えないですが、給与交渉をしなければ給料アップの確率はゼロなので、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

求人に対して自身で給料アップの交渉をするのは、言い方など非常に 難しいのでプロにお任せする方法を斡旋企業を通すと選択できる場合があります。また、非公開求人といって登録し ている人のみに公開する求人も存在しています。

 

登録は一般的には無料なので、転職を考えている場合は登録をしましょう。

 

保育士求人を探す場合は、一般的な転職サイトに登録するほか保育士専用の求人サイトに登録する方法もあります。
そういったサイトは保育士の求人を専門に取り扱っているので、リクナビやマイナビなどの一般的な転職サイトに比べれば保育士求人の量は非常に多く保育士希望者に対するフォローも充実しています。

 

また採用をする側も、経験がある人が応募してくることを期待して求人を載せるので、条件が良かったり内容が具体的だったりする場合も多いのです。

 

おすすめの保育士転職サービスはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士 求人の上手な探し方

この記事に関連する記事一覧