アルバイト保育士のメリット・デメリットと求人の探し方

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

アルバイト保育士のメリット・デメリットと求人の探し方

アルバイト保育士

 

アルバイト保育士の働き方

アルバイト保育士のメリットは自分にあった働き方を選ぶことができることです。

 

朝だけ、昼間だけ、夜だけ、週3日、フルタイムで週5日、いろいろな働き方を選ぶことができます。

 

育児や介護と調整をしたり、夫の給料や収入に合わせて調整をしたり、少しの時間だけ働きたい人にも有効な働き方です。

 

またアルバイトの保育士求人には未経験OKの求人もあり、応募の際の敷居が低いのも魅力的です。この理由は、保育士の仕事は生活に密着しており、特に子育てをしたことがある人にとっては経験したことがある作業も多くあるからです。

 

オムツをかえる、絵本を読む、そういった作業は子育て経験者や子供が好きな人にとって、難しい事でも苦痛でもないはずです。

 

また子育てや兄弟の世話などを経験していれば、イレギュラー時にも咄嗟の対応ができ重宝されます。

 

このように生活に密着した仕事内容である為、保育士の資格をもっていなかったり保育士として働いたことがない場合でもお手伝いすることができるのです。

 

ただしアルバイトという働き方のデメリットは、昇給や賞与が望めず給与が低い、人員の削減対象になりやすい、職歴として扱われにくいということです。

 

保育士とは全く別のアルバイトと比べると平均より給料が少し上ではありますが、正社員や派遣社員と比べると給料や待遇は低くなってきます。

 

またアルバイトという働き方なので責任がある仕事はできない場合が多いです。

 

アルバイト保育士の求人の探し方

未経験でアルバイト保育士として働く選択をした場合には、保育士求人は保育士専門サイトかアルバイト情報サイトや情報誌から探す必要があります。

 

アルバイトは正社員と違い、大体の場合1回の面接で採用が決まります。その為、情報サイトの情報量が多いところを利用しましょう。

 

例えば時給でも100円違うだけで収入に大きな差が生まれますし、交通費や手当の充実度でも収入が変わってきます。

 

そういった情報がきちんと記載されている情報サイトや情報誌を選びましょう。

 

一般のアルバイト情報誌にも未経験可の求人は多く載っています。特に年度初め開始の求人は量が多く、冬は求人が多い時期であるといえるでしょう。

 

その時期以外でもアルバイトという働き方は急な欠員に対応するためにもよく用いられるので、求人は全くないという印象は受けにくいはずです。

 

また、経験がある場合は保育士としての働き方や保育施設の事情の把握にも時間がかからないことからフルタイムで働いても問題ないですが、未経験の場合は短時間から始める方が良いでしょう。

 

未経験でも保育士として働きたい人は子供に対する愛情や保育に対する憧れを沢山持っているかと思います。

 

しかし、実際の現場は良いことだけではなく人が嫌がることもしなくてはならないし、体力も使います。その為徐々に慣らしていく方が良いでしょう。

 

このように生活スタイルに合わせて好きなように働けるのがアルバイト保育士です。

 

しかし、施設側の求める出勤時間や出勤日数などの条件が合わなくては採用されないので柔軟に対応する必要があります。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士求人を働き方で選ぶ

この記事に関連する記事一覧