扶養内での保育士求人とそのメリット・特徴について

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

扶養内での保育士求人とそのメリット・特徴について

扶養内の保育士求人

 

保育士の仕事における扶養内という働き方

アルバイト保育士として働くことを選ぶ人の理由で、よくあるのが扶養内で働きたいという場合です。

 

扶養とは、主に夫など家族に養われている状態で、扶養控除とは、納税者と生計を共にする家族を扶養する場合、所得を控除する制度です。

 

つまり、国や市町村に支払う税金が少なくできる制度なのです。特に配偶者の場合は配偶者控除という言い方もします。

 

ただし、自身が扶養家族になっている場合でも一定の金額までは収入を得る事ができます。それが103万円の壁や130万円の壁といわれる仕組みです。

 

年間の収入が103万円以下であれば家計を支える納税者の所得は最大に控除されます。

 

また、103万円を超えてしまうと段階的に控除金額が減っていきます。

 

130万円の壁とは税金が大幅に上がる目安のことをいい、130万円を超えると増税分で手元に残るお金が大幅に減って損をしてしまう場合もあります。

 

その為年間収入が100万円以下になるように働く配偶者や扶養されている人が沢山いるのです。

 

実際、保育士でも扶養内で働く人が多くおり、「保育士 扶養内」などと検索をすると、求人も沢山出てきます。

 

扶養内で働こうとすると単純計算月の収入が8万円程度の計算になります。例えば、時給1000円の求人で働くとすれば、フルタイムで8時間働くのであれば月10日、4時間勤務で働くのであれば月20日働く計算になります。

 

このような計算から土日だけ、半日だけといった働き方を選択する方も多くいます。

 

扶養内の保育士求人の傾向

実際の保育士求人をみていても、扶養内求人の傾向は明らかです。

 

保育所は忙しい時間がある程度決まっています。

 

朝のバタバタする時間、給食の時間、夕方の保護者が迎えにくる時間帯などイレギュラーも発生しやすく人手を求める傾向があります。

 

特にこれらの時間は、子供の相手と並行して色々な準備や庶務作業も発生します。そういった人手が必要な時間のみのアルバイトも多く募集されています。

 

また、早朝や夜間のみ対応できる人も多く募集されています。

 

こういった時間を指定した求人に加え、複数人のアルバイトでシフトを組んでフルタイムに近い時間保育を行う事業形態で募集をかけているところもあります。

 

アルバイト以外にも、派遣社員としての募集をしていて福利厚生が充実しているところも多くあります。

 

保育士は経験が活かせる職種

保育士が扶養内で働きやすい理由は、生活に密着した職種で女性しか経験できない出産や子育ての知識が活かせる点もあります。

 

特に保育士としての経験や知識がなくても子育てや兄弟、親せきの世話などを経験していれば、正社員と協力してある程度のレベルの仕事を行うことができます。

 

また、保育施設にとっては即戦力となる子育て経験者の人手を強く望んでいるところもあり子供が保育所や幼稚園に通っている間だけ働くなど融通が利く働き方がしやすくなっています。

 

このように保育士は扶養内で働きたいという人が自身の経験を仕事に活かしやすく、求人サイトや求人情報誌には割と多くの情報が載っていて働きやすい職種です。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士求人を働き方で選ぶ

この記事に関連する記事一覧