派遣社員の保育士求人について

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

派遣社員の保育士のメリット・デメリットと求人の探し方

派遣の保育士

 

派遣社員の保育士として働くメリット・デメリット

派遣社員の保育士として働くメリットは、希望する条件に合わせた働き方ができることです。

 

派遣社員とは雇用先と直接契約をするのではなく、派遣会社と雇用契約を結びその会社から派遣されている人という位置づけで働く社員のことをいいます。

 

直接雇用ではなくなるので、正社員や契約社員、アルバイトとは違った働き方です。その為、お給料は派遣会社を通じて受けとります。

 

派遣社員の大きな特徴として、希望条件に沿った保育士求人を紹介してもらえ、面接の調整や給与、待遇、条件などの交渉の際、派遣会社が間に入って代わりに行ってくれます。

 

自分が先方に電話をしたり、言いにくいことを採用前に伝えたりする手間が非常に省けます。

 

また実際就業した後も困ったことがあれば、直接保育所に意見するのではなく派遣会社を通して相談し、派遣会社が解決を図ってくれます。

 

どうしても解決できず退職することになっても派遣会社がまた別の仕事を探してくれます。

 

派遣社員の働き方は、ほとんどが時給制です。しかし、その時給はアルバイトよりも高い場合が多く希望通りの条件で働きたい人にとっては便利な働き方です。

 

ただ、時給での契約となるため、月の勤務日数により収入に差が生じてしまいます。

 

派遣社員の働き方のデメリットとすれば、働き方を自分で選ぶことができますが、ボーナスはほとんどの場合ありません。また、契約期間のみの派遣である場合も多く安定は必ずしもしているとはいえません。

 

派遣保育士になるためには

派遣社員で自分に合った働き方をしようとする場合は、まず派遣会社のスタッフ登録をする必要があります。

 

その際に、勤務時間帯や業務内容、時給、保育方針など自分の希望を登録しておけば、その条件に近い保育士求人を紹介してもらい応募することができます。

 

また、派遣会社に登録した際に是非利用したいシステムが非公開求人です。派遣社員には、アルバイトより高いスキルが求められることが多く非公開の求人も存在しています。

 

そういった情報は登録した人にしか開示がされず、登録をしないと求人の存在すら知ることができません。

 

したがって派遣という働き方を考えている場合にはまずは登録をすることからはじめましょう。

 

派遣社員はいろいろな場所での保育士の仕事を試してみたいという方にもおすすめです。

 

一般的にいう保育所のみならず、企業内保育所や認可外保育所、福祉施設でも保育士は働くことができます。

 

ただ、一般的な保育所での仕事とは異なることも多く自分が適しているかどうかわからない場合もあります。

 

そういった場合に、派遣社員として有期雇用で働き経験を積むことができます。そして実際働いてみて、適正を判断することができるのです。

 

保育士業界での非正規社員の割合は半数近くにのぼります。

 

保育士不足の中で人手をカバーすることができる派遣社員という働き方も選択肢にいれることができれば、転職活動の幅は大きく広がります。

 

保育士として働きたいが時間がない人にもおすすめできる働き方です。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士求人を働き方で選ぶ

この記事に関連する記事一覧