保育士補助(保育補助)の仕事内容とメリット・デメリット、求人について

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士補助(保育補助)の仕事内容とメリット・デメリット、求人について

保育士補助の仕事と求人

 

保育園で働いている人の中には、保育士の補助をする、保育士補助といわれる人がいます。

 

保育士補助はどのような仕事をしており、そのメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

保育士補助でも直接的なかかわりを行う

保育士補助でも直接園児や幼児に関わる場合があります。これは保育士が業務独占ではなく、名称独占であるからです。

 

保育士の免許を持っていない場合でも、保育士として子供と関わることに問題はありません。

 

そのため、保育士の資格を取得していない保育士補助の方でも子供の保育を行います。

 

ほとんどの保育園では、保育士の補助的な扱いになりますが、人が不足しているところも多いですので、通常の保育士と変わらないぐらいの業務を行っていることがあります。

 

園内の準備や後片付けなどを行うことが多い

保育士補助として働く場合、比較的多い作業としては、遊びの準備や食事の準備、その後の後片付けを任させることが多いです。

 

もちろん直接的に子供と関わる機会もありますが、やはり通常の保育士と比べるとその頻度は少ないといえます。

 

そのため、子供とたくさん関われると思い保育士補助で入社したが、あまり関わる機会がなくて、やる気が出ないといったこともありますので、心構えはしておきましょう。

 

保育士と保育士補助の給与の差

給与の差は非常に大きなものがあるようです。保育士として働く場合でも他の業界と比べると低い保育士の給与水準ですが、保育士補助になりますとそこからさらに、2万円前後は月給で低くなります。

 

給与を求めるのであれば、通常の企業で働くか、保育士の資格を取得してから働くことをお勧めします。

 

保育士補助として働くメリットについて

保育士補助として働いている人はたくさんいます。保育士補助としてのメリットとは現場の実務経験を積めるということです。

 

将来的に保育士を取得しようと考えている人に対しては、現場経験は非常に大切なものになりますので、保育園で働けるメリットは非常に大きいものがあるといえます。

 

また、保育補助として働いていると、保育士を取得した場合はその時点で給与が上がる可能性があり、そのまま働けば就職活動をする必要もありません。

 

また、慣れたところで働けて、なおかつ給与も上がりますのでお勧めだといえます。

 

保育士補助として働くデメリットについて

保育士補助として働くデメリットとしては、職場での地位の低さ、賃金の低さ、仕事の制限などがります。仕事の制限については保育園にもよりますが、重要な仕事などは保育士が行うと決めているところもあるようです。

 

そのため、自分のしたい仕事ができなかったりすることがデメリットです。

 

また、保育士は人員基準があり、人員基準を下回ることはできません。保育園側としてみれば人員基準を満たさない保育士補助の方を雑に扱う可能性があります。

 

例えば、急にパートにされたり、掃除などばかり偏った仕事を頼まれたりするということです。

 

保育士補助の求人

保育士補助の求人はたくさんあります。それは保育園業界が慢性的な人員不足に陥っているからであり、保育士の資格を持たなくて来てほしいと思っている保育園が多いです。

 

注意したいこととしては、保育士の求人で、保育士補助を募集しているところの大半が無認可保育園だということです。

 

無認可保育園の場合は、保育士の人員基準が適用されない場合が多いですので、保育士の資格の有無はあまり問わないのです。

 

しかし、無認可保育園の場合は、給与が通常よりも更に低い、人員が少なく子供が多い施設がある、社会保険などが未加入などの働く上で良いとは言えない環境がありますので、応募するときは十分気をつけておくことをお勧めします。

 

保育士として将来的に働きたいと考えている場合は、保育士補助として経験を積むことは非常にお勧めです。

 

しかしながら、経験を積む=勉強をするという認識で通常では考えられないほどの、待遇や職場環境で働かされる場合もありますので、保育士補助として働く場合は、保育士以上に就職活動に気を遣うようにしましょう。

 

保育士求人を働き方で選ぶ

この記事に関連する記事一覧