契約社員の保育士求人

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

契約社員の保育士のメリット・デメリットと求人の探し方

契約社員の保育士

 

保育士の契約社員という働き方のメリット・デメリット

契約社員で保育士として働くメリットは、雇用先と条件をすりあわせ契約をし、その契約内容に応じて働くことができるという点にあります。

 

そもそも契約社員とは、一定の契約内で働く有期契約雇用、つまり雇用期間に定めがある社員のことをいいます。

 

保育業界においては、1年契約の年度末更新という形が一般的で、稀に半年契約の半期更新というパターンもあります。

 

仕事内容としては正社員と同じようにクラス担任を持つこともありますが、役職を持つことはほとんどないでしょう。

 

つまり、契約さえ自分の条件に合わせてきちんとすれば、自分の働きやすい環境で働けるというのが契約社員です。

 

また、有期雇用であるため契約終了後に更新ではなく、退職という選択を選ぶこともできます。辞めやすい、キャリアの見直しが定期的にできるという 点もメリットです。

 

では逆にデメリットといえば、正社員との待遇の違いがあげられるでしょう。

 

給料は、契約内容によって異なりますがよっぽどスキルが高くない限り正社員と同等、もしくはそれ以下である場合がほとんどです。

 

また、賞与も出ない、もしくは正社員より少ない金額しか出ないことが多いです。

 

社会保険などは完備されている場合が多いですが退職金は出ません。交通費も契約内容によります。

 

このような待遇は契約を取り交わす際はもちろんのこと、保育士求人を探す際から確認をしておく必要があります。

 

契約によって働き方が変わってくるのが契約社員です。

 

契約社員の保育士求人

契約社員の保育士求人は、保育士専門の求人サイトや紹介会社で探すことができます。

 

保育士の契約社員は、一部、一般企業の契約社員とは異なる部分があります。

 

それは正社員登用を前提として契約社員の求人も多くあることです。

 

これは契約社員として一定期間働き、その際の仕事ぶりが評価されお互いに同意が得られれば正社員として働くことができる制度です。

 

正社員になる際に試験や面接などがある場合もありますが、将来的に現場を知ってから正社員で働くことができるためそういったことを希望して、契約 社員を選ぶ人もいます。

 

この理由は、保育士が過剰にいたり経験値が低く保育適正がわからない人材が多いことです。

 

面接だけで保育士への適性を判断することが難しく、余裕がある場合はそういった方法がよくとられます。

 

その適正や相性を判断するために、まずは契約社員で採用して、契約期間内に「正社員として働くだけの能力があるか」「共に働きたいと思える人材か」などを判断した上で正社員に昇格させることが理由です。

 

また保育業界ではどんどん民営化が進んでおり、特殊な保育施設だと雇用体系が「直接運営」と「運営委託」の2パターンがあります。

 

直接施設を運営している場合園長など役職者も全て委託で運営されている場合があります。

 

こういった場合は、正規で働いているとはいえ委託期間が有期であれば、契約社員として働く形をとる場合も多いです。

 

また、こういう運営委託をしている場合は契約社員でも役職を持ち、能力を最大限に発揮できる可能性も大いにあります。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士求人を働き方で選ぶ

この記事に関連する記事一覧