紹介予定派遣の保育士求人について

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

紹介予定派遣の保育士のメリット・デメリットと求人の探し方

保育士の紹介予定派遣

 

紹介予定派遣の保育士求人とは、スタートは派遣社員として派遣会社から派遣される形で働きますが、一定期間を過ぎお互いに同意が得られれば正社員や契約社員など直接雇用の働き方に変更ができる働き方です。

 

つまり、働く前からきちんとやれば直接雇用に切り替えますよ、と約束された働き方なのです。

 

紹介予定派遣のメリットとは

紹介予定派遣のメリットは、先ほどの説明の「お互いに同意が得られれば」という点にあります。

 

派遣社員の期間は、施設側にも施設との適性や人間関係、保育士としての能力をチェックされている時期です。常にチェックされていると思うと緊張してしまうかもしれません。

 

しかし施設にとって人手が足りなくて正社員を増やしたいという状況なのです。

 

多くの場合は、よっぽど問題を起こさない限り直接雇用に切り替えられます。その為、評価されている期間を重荷に思わず自分らしく働きましょう。

 

また、さらにいえばこちらからもお給料を貰いながら施設を選ぶことができるのです。

 

一定期間が過ぎたあとに自分には合わないと思えば、直接雇用を断ることもできます。

 

通常の正社員としての転職であれば入ってから合わないことが発覚しても辞められず我慢することになる場合もありますが、紹介予定派遣という働き方はそれがありません。

 

自分に合っている、ここで働きたいと思った場合のみ更新をすれば良いのです。

 

更新を断ったとしてもまだ派遣会社に籍があるので、派遣会社から別の派遣の仕事を紹介してもらうことができます。このようにお互いに選ぶことができるのがメリットです。

 

紹介予定ではなく通常の派遣社員として働いていて優秀であれば正社員として直接雇用ができるのかといえば、施設の希望も伴えばできなくはありません。

 

しかし、派遣の仕組み上そうなってしまうと派遣会社が損をしてしまうので、事前申告をした上で施設は派遣会社にお金を払う必要があるのです。

 

そういった施設と派遣会社との契約を面倒ではなく、最初から正社員として人を貰いますよ、という契約が紹介予定派遣なのです。

 

その為、派遣社員として働き始めるのと、紹介予定派遣として働き始めるのでは直接雇用というゴールまでの距離がだいぶ違うことがわかります。

 

直接雇用を目指すのであれば紹介予定派遣という働き方を選びましょう。

 

紹介予定派遣の求人の探し方

紹介予定派遣の保育士求人はどのように探すかというと、派遣会社に登録をする必要があります。

 

派遣会社の求人の中でも、通常の派遣と紹介予定の派遣があるのでそのあたりも希望として十分に派遣会社に伝える必要があります。

 

紹介予定派遣は、一度雇用先を確認してから正社員になれるという点でとても人気のある働き方です。その為人気求人は高倍率になる可能性もあり、派遣会社の担当者のフォローも重要になってきます。

 

派遣会社はたくさんあり、保育士専門の会社でも10以上あります。

 

どこの会社にするかを選ぶ上で、対応がしっかりしているかどうかという点も重要視されます。

 

派遣という働き方は、施設や派遣会社と十分な関係をつくることが転職時や就業時に有利な環境をもたらします。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士求人を働き方で選ぶ

この記事に関連する記事一覧