保育士の仕事の一日の流れは?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の仕事の一日の流れは?

保育士の仕事・一日の流れ

 

保育士のおおまかな仕事の流れを紹介します。

 

保育施設によっては延長保育や早朝保育など勤務時間が長いのでシフト制がとられている場合も多いですが、1日の流れは以下のようになります。

 

保育園開園前の準備

まず、子供が来る前に出勤をし保育施設の掃除や換気を行い子供を迎え入れる準備を行います。

 

また事前に作成している保育計画を確認し、その日の大まかな予定をチェックします。

 

そうしているうちに子供が保育施設にやってきます。

 

保育園開園~お昼まで

表情から体調を確認するほか、保護者と一緒にやってくる場合には、体調のチェックや保護者とのコミュニケーションも重要な業務です。

 

空いた時間に子供の情報を共有するスタッフ間のコミュニケーションを取りながら昼食までの時間を過ごします。

 

昼食までの時間は、朝の会を行ったり体操をしたり自由遊びの時間をとったり散歩に行ったり、その日の予定を軸にしながら子供と一緒に過ごします。

 

そして正午が近づいてくると昼食の準備を始めます。準備ができ次第、子供の手洗いうがいをさせ挨拶をしてから昼食をとります。

 

昼食時の食事に関するしつけも保育士の重要な役割のひとつです。例えば、挨拶や手洗いはもちろん、きちんと座って食べる事などです。

 

また食事中や準備中に食育を交えた話をするなど、食に関心をもたせることも仕事のひとつです。

 

食事が終わるとお昼寝の時間です。歯磨きをし、パジャマに着替える手伝いをします。

 

全員を寝かしつけたら、午後からの遊びの準備や連絡帳の記載などたまっている仕事をこなす時間になります。

 

午後~保育園閉園

全員が起きだしてくると栄養を補うようなおやつの時間になります。

 

元気いっぱい遊ぶ子供たちが夜ご飯まで空腹でいないようにおやつでコントロールします。

 

その後はまた室内や園庭での自由遊びの時間です。その頃から早い保護者だとお迎えに来る人もちらほら現れます。

 

お迎え時には、その日の報告や家庭でのアドバイスを行い、保護者と十分にコミュニケーションをとります。

 

延長保育がある場合もありますが、子供が全員帰ったらその日の業務は終了となります。

 

明日の保育に向けて片付けや掃除を行い、戸締りをしたら退園となります。

 

またこういった業務の間に、スタッフ間で情報共有を行ったり、お遊戯会や運動会などのイベントの企画を行ったり、スタッフ間でのコミュニケ―ションをとることも重要な
業務の一環です。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士の仕事について

この記事に関連する記事一覧