高校卒業後に保育士として働く際の注意点について

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

高校卒業後に保育士として働く際の注意点

高校卒業後すぐに保育士として働きたいと考えている場合、無資格で働くことになります。

 

保育士の免許を取得する場合には、一定時間の講義および実習が必要となり、高校卒業と同時に資格を取得することはできません。

 

そのため、高校卒業後に保育士として働く場合には、保育士の免許取得に向けての関わりと学びを得なければなりません。

 

ここでは、高校卒業後に保育士として働く際の注意点について、ご紹介いたします。

 

保育士は、子どもの命を預かる仕事

まず初めに、保育士というと子どもと関わる仕事と考えている方は多いのではないでしょうか。

 

確かに、保育士は子どもと関わる仕事であり、日々の子どもの成長とともに歩んでいくことになります。しかし、それだけが保育士の仕事ではありません。

 

また、子どもが保育園にいる時間は、親の代わりに子どもを育てるということであり、子どもの命を預かる重要な仕事でもあります。
そのため、保育士にプロもアマチュアもなく、すべての保育士が子どもの命を預かる、重要な立場であることになります。

 

特に、高校卒業してすぐに保育士となった場合には、その保育士自体がまだ大人になり切れていない部分もあり、子どもの命を預かっているという思いを抱きにくいこともあります。

 

そこで、保育士の仕事は、ただ単に子どもと楽しく日々を過ごすことだけではなく、子どもにとっての成長過程や命そのものを預かる仕事であることを理解し働いていかなければなりません。

 

保育士補助として保育園等で働く

高校卒業と同時に保育士として働く場合には、保育士補助として働くことになります。

 

保育士は、国家資格であり、一定条件に似合った教育または経験を積まなければ、国家資格を受験する資格自体も得ることはできません。

 

そのため、保育士の国家試験受験資格を得るために、一定期間保育士補助として学んでいかなければならないのです。
しかし、保育士補助を雇っている保育園は少なく、高校卒業と同時に保育士として働くことは難しいのが現状となります。

 

また、高校時代に児童福祉に2年以上携わっていれば、保育士の国家試験受験資格を得ることができます。

 

そのため、高校卒業と同時に保育士の資格取得を目指す方法も一つとなります。この場合には、専門学校等に通うわけではないため、専門的知識などはすべて独学で行わなければなりません。

 

独学で保育士免許は難しい

児童福祉施設での経験を経て、保育士の国家資格を目指す場合には、独学で保育士の勉強をしなければなりません。

 

保育士の試験は、保育士の専門学校や大学などに通っている場合には、免除となる科目もありますが、児童福祉施設での経験を経ての受験の場合には、免除科目はありません。

 

そのため、保育士に関するすべての科目の勉強と、実技試験にクリアしなければ保育士としての資格を得ることができないのです。
保育士の免許は、人の命を預かる仕事であり、子どもの教育から発達までを理解して関わる仕事であることからも、難易度は比較的高いものとなります。

 

そのため、独学のみで試験合格することは難しく、保育士国家試験受験対策などの養成所などへ通い試験に備えることをお勧めします。

 

専門学校・大学など保育の専門的知識を経てから保育士へ

保育士になりたいと考えている高校生の場合、一般的には高校卒業後は保育士の専門学校や大学などへ進学し、保育士としての勉強を行うことになります。

 

進学することにより、費用が掛かりますが、保育士としての必要な知識や技術を得ることができ、国家試験合格率もアップします。
そのため、高校卒業後に進学する余裕がある場合には、専門学校や大学に通い、保育士を目指すことをお勧めします。

 

保育士の仕事について

この記事に関連する記事一覧