保育士の仕事内容

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の仕事内容

保育士の仕事内容は、簡単に言えば親同様に子どもの保育をすることにあります。

 

子供の人生にとって重要な役割をする幼少期の子供の命を預かる重要な仕事で、高い専門性と知識、人と人のつながりが非常に重要となるため、高いヒューマンスキルも求められます。

子供の成長・生活全般に関わる仕事です

その仕事内容の基本は、子供達の生活全般のお世話をしながら心身の発達を促し、基本的な生活習慣を身に着けさせることにあります。

 

毎日子供の健康状態や行動をみながらが様子を観察し、それぞれの子供の発達段階や求めているものを察知しながら、状況に応じて必要なサポートをしていきます。

 

事前に作成した保育計画をもとに保育を進めていきます。特に大勢の子供を抱えていると1人1人の子供が把握できなくなりがちですが、1人1人が違った環境で育っているので何らかのシグナルをきちんと受け取り手助けする必要があります。

 

また子供が望むことだけでなく、成長に必要な知識はきちんと教育する必要があります。食事・睡眠・排泄・清潔・衣類の着脱は幼児期に習得すべき生活習慣です。

 

例えば、朝起きてきちんと保育施設に来る習慣から食事前に手洗いうがいをする習慣やいただきます、ごちそうさまを言う習慣、トイレに1人で行けるようになるようにすることは日常生活の中で身に付けるべきことです。

 

保護者と協力しながら、そういった指導をするのも保育士の役割です。

保護者への対応・サポートも重要な仕事です

保育士は保育園で子供の相手をするだけでなく保護者とのコミュニケーションも大事です。

 

家での様子や保育施設での様子を情報交換することはもちろん、保護者に対して保育のプロとして的確なアドバイスを与える必要があります。

 

昨今では連絡帳制度を採用している施設が多いので、送り迎え時の会話のみではなく、連絡帳も使って情報共有する必要があります。

子供の社会性を育むことも保育士の大事な役目です

さらに家庭ではしづらい教育として、社会性を養うという重要なポイントがあります。

 

集団生活の中で挨拶や「ごめんなさい」や「ありがとう」といった謝罪や感謝の表し方、友人など同世代の人との接し方や年の離れた人との接し方などを学ぶ機会を設け、適切な指導をする必要があります。

 

1つの場所で大勢で生活することで自分だけの場所ではないことを理解させ、友人と一緒におもちゃを使う事、使ったら片付けること、みんなのものを大切に使うことなどを学ばせる必要があります。

 

このように保育士の仕事内容は非常に多岐に渡ります。

 

トイレトレーニングやおむつの世話など、子供がいない限り体験する機会がほとんどない事にも沢山遭遇します。

 

さらに保育士は子供を抱きかかえたり、一緒に走り回ったり、子供の目線で中腰で話したりをする必要があるため体力も非常に使います。

 

保護者からの無茶な要望に頭を抱える事もしばしばありますが、それでも子供の大切な時期に携われることに誇りを持って働けるのが保育士です。

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士の仕事について

この記事に関連する記事一覧