保育士の産休について 産休が取得しやすい職場の特徴とは?

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

保育士の産休について 産休が取得しやすい職場の特徴とは?

保育士の産休

 

一般的な産休のルールとは

産休とは、正式名称で産前産後休暇といい、労働基準法65条で定められている働く女性の為のルールです。

 

その内容は、その名の通り出産のための休暇のことで、期間は産前は6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後は8週間を最低限とする休暇期間となります。

 

今ではこの基準を元に、各雇用先に応じて独自のルールを策定している場合も多くあります。

 

産休を取得する場合、併せて育児休暇もとる場合がほとんどです。

 

育児休暇を取得できる長さは様々ですが、雇用側としては長期間休む人に対し給与や雇用保険など一定の援助を行うことになります。

 

保育業界での育休制度

実際保育士が産休の取得を希望した際に、退職を促されたケースも多くあります。

 

また、勤務時間や給与の問題で結局長く働くことができないだろうと判断し妊娠が分かったら退職を自ら検討する人も多いのが現実です。

 

しかし保育士として長く働きたいと思っている人や現在の職場が気に入っている人にとってはなんとか産休、育休で復職を検討したいところです。

 

保育士も産休の実績を多くもっている施設や、時短勤務が充実している施設、妊娠が分かった後の出産までの期間多くの考慮をしてくれる施設も沢山あります。

 

子供の保育をする施設として、子育てする家族や共働き世帯が多く働く企業の見本となる働き方を実践している施設も増えてきています。

 

長く働くことを視野にいれて保育士として働く場合にはそういった点も含め、就職先を探す必要があります。

 

産休がとれる職場の見分け方

まず産休の取得実績を見極める必要があります。

 

求人に記載がない場合は先方に確認が必要ですし、求人に「実績有り」と掲載していても実際はごく少数人の実績であったりする場合も多くあります。

 

同じ扱いで産休、育休が取得できるかどうかわからないので、複数人実績があるかどうか、その人は復職して今もちゃんと働いているかどうか確かめる必要があります。

 

実績が少なすぎると周囲の協力が得られず取りずらかったりします。

 

募集背景が産休取得スタッフの欠員補充などわかりやすい場合を除き、きちんと実績を確認しましょう。

 

無料の保育士転職サービスを利用すれば、そういった実績についても教えてくれることが多いです。

 

また、その施設の特徴でも見抜くことができる場合があります。

 

産休が取りやすい施設の特徴とは?

それは職場で働く人たちの年齢です。

 

女性の平均初産は27歳といわれています。あくまでも平均ではありますが、職員の年齢の多くがそれに近い場合は要注意です。

 

なぜなら、長続きせずに結婚、出産を機にほとんどの人が退職をしているということになるからです。

 

若すぎる職場は、長く働きづらい環境である可能性もあるので注意が必要です。

 

さらには妊娠時のサポート体制も必要です。

 

お腹に子供がいる状態で、フル稼働で保育をするのはしんどい状況です。

 

配置換えなどといった負担軽減策を考慮してくれる施設でなければ、そういった場合に長く働くことができません。

 

慢性的な人員不足ですとそういった対応ができないので、その点もよく見極めが必要です。

 

保育士の産休ももちろん法律で定められていますが、慢性的な保育士不足の中でとりやすい環境でない場合も多くあります。

 

長く働けるよう転職を検討する際には、その点も考慮する必要があります。

 

保育士転職サイトで産休を取りやすい施設を見つけよう

 

産休の取得実績があるのか?複数のスタッフが誰でも産休を取得でき、復職後も問題なく働くことができているのか事前に確認することが重要ですが、1人で調べるには限界があります。

 

そこで保育士転職サイトを利用して、アドバイザーから情報を提供してもらいましょう。

 

育休以外にも、給料や残業・福利厚生の面で条件に合った職場を複数提示してもらうことができます。

 

登録から利用まで全て無料なので、こういったサービスをどんどん活用して転職を成功させてください。

 

おすすめの保育士転職サイトはこちら

 

保育士転職サイト比較

 

 

保育士の仕事について

この記事に関連する記事一覧