保育士転職と求人・履歴書の書き方と例文

保育士転職・求人ナビ | 安定雇用をサポート!保育士の転職支援サイト

0歳児クラスの保育士の仕事とは?1日のスケジュールや注意点について

0歳児クラスの保育士の仕事

 

0歳児クラスで働く保育士は他のクラスに比べて、注意しないといけない点などが多く、見守りも必要だとされています。

 

神経も使うと言われていますが、実際の仕事内容としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ある0歳児クラスで働く保育士の1日のスケジュール

7:00 出勤・迎え入れ

早い時はこの時間に出勤します。

時間外保育の場合はこの時間からやってきますので、挨拶や状態の報告などを受けます。

 

赤ちゃんはベットに寝かせます。それ以外は日誌を確認したり、業務の流れを確認したりする時間になります。

 

状態報告というのは非常に大切な情報ですので、保護者からしっかりと聞いて、皆が共有できるようにしておきます。

 

8:00

この時間帯が一番登園の赤ちゃんが多いです。

保護者とコミュニケーションを取りながら、赤ちゃんの対応をしたり一番忙しくなる時間です。

その際もしっかりと状況報告を受けておきましょう。

 

9:00

体温を計測したり、オムツ交換などを行いながら、赤ちゃんの状況を見て散歩や音楽の時間にします。

 

10:00

この時間になりますと随分落ち着いてきていますので、朝の回になります。音楽をかけたり、話しかける、散歩に行くなどを行います。

食事の時間が違いので出離乳食などを準備、食器などを準備したりしていきます。

 

11:00

食事の時間です。赤ちゃんによっては離乳食を食べる子、ミルクの子などがいますので、随時食事を提供していきます。

 

12:00

ここからお昼寝の時間になりますが、急変したりする可能性もありますし、寝ないこともありますので保育士は常に付いて見守りを行います。

オムツ交換も随時行っていきます。

 

13時から15時

この時間はまだお昼寝時間です。この間に保育士は日誌を書いたり、行事の準備をしたりします。

 

15:30

オムツ交換や着替えなどを行っていきます。この時間に帰る赤ちゃんもいますので、保育士は今日の様子を伝えて帰っていきます。

 

16:00

この時間から迎えに来る人が一番多く、バタバタとする時間です。

 

17時から19時

この時間では、時間外保育になりますが最近では時間外保育を利用する人も多くなりましたので、多数の赤ちゃんが滞在しています。おむつ交換なども随時行っていきます。

 

0歳児ならではの注意点

突然死が一番多いのもこの年齢です。0歳児ですとまだまだ目が離せない時期であり、さっきまで寝ていたのに気づいたら息が止まっていた、うつ伏せになってしまって呼吸が出来ていなかったなどの事故も非常に多いです。

 

その為、保育士としてはそういったことを防止する為に、常に見守りが必要になります。

 

また、食事に関しても気を付けないといけません。特に離乳食を食べ始めた時などは喉に詰まらせてしまったり、食べる量が多いと嘔吐をしたりもありますので、慎重になる必要があります。

 

保護者も慣れていないことがある

0歳児ですと、保護者もまだ育児に慣れていないことが多いですので、保護者の対応にも神経を使います。

 

保育士は保育のプロですので今まで多数の赤ちゃんを見て来ています、しかし保護者としては第一子であれば初めての赤ちゃんですし、まだ出産間もないので様々な不安を抱えている場合もあります。

 

その為、過保護に心配をしたりするなどの対応をしていかなければなりません。

 

これは他の年齢ではあまり見られない0歳児独特のものだといえます。

 

0歳児は自分で体の状態を伝えることができない

赤ちゃんは体調が悪い状態などでも自分で伝える事が出来ません、その為こちらから発見していかなければなりません。

 

しかし、それを発見していくことも非常に難しいことです。その為、保護者からの伝達や、自宅での様子を確認することが大切なことになります。

 

少しでも自宅で変わった様子がある時は、報告をしてもらうように日ごろから伝えておくと良いです。

 

また、保育園での様子も少しでも変わったことがあれば随時保護者に報告をして、自宅で注意してみてもらいましょう。

 

こういったように0歳児クラスを担当する保育士は、他のクラスと比べても神経を使う仕事だと言えます。

 

 

保育士の仕事について

この記事に関連する記事一覧